【ライブラリー紹介】「母ちゃんの取扱説明書」

 

こんにちは。オヤモコモ・ライブラリーの古賀 智子です(^^)

今回紹介する図書は「かあちゃんの取扱説明書」です。

「ぼくのかあちゃん」 4年2組 田村 哲哉

ぼくんちで一番いばっているのはかあちゃんです。とおちゃんよりずっとおっかないし、いばっています。

今日も朝からガミガミうるさくって、ぼくはハラがたちました。

それから、かあちゃんはケチです。なんでも「もったいない」ととっておくから、れいぞうこの中はしょうみ

期限のきれているものがたくさんあります。

それから、ぼくが「おいしい」といったからって、何日も同じごはんを作らないでほしいということです。

さいごにかあちゃんはすぐ「早く」っていうけれど、でかけるとき一番したくがのろいのはかあちゃんです。

おわり。

てつやくんが書いた作文から、この本ははじまっていきます。

「これだけわかっているのに、毎日しかられるのはなぜか。それがなぞだ。」

この作文に対して、父ちゃんはそう感想を書いて言いました。

「かあちゃんは、ほめるときげんがよくなるんだ。とにかくほめること。

パソコンもビデオもあつかい方をまちがえると、動かないだろ」

・・・・そうか、あつかい方だ!

てつやくんによる かあちゃんの取扱説明書つくりがはじまる。。。

 

そんなお話です♪

子供から見た素直な「お母さん」の姿がとても面白く、笑える本で

読み終わると 家族っていいな とほっこりします。

 

字も大きく、読みやすい本ですので

ぜひご一読オススメします☆

あなたは、こどもにとってどんな「かあちゃん」かな?

 

オヤモコモ・ライブラリーのご利用をお待ちしています(^^)/