【ライブラリー紹介】「子どもと一緒にスローに暮らすおかあさんの本」

こんにちは!オヤモコモ・ライブラリーの古賀ともこです(^^)/

今日の紹介図書は、

「子どもと一緒にスローに暮らすおかあさんの本」

著者は「くらすこと」の活動をされているの藤田ゆみさんです。

 

3人の子供のお母さんとして感じてきたことなどが、

ほがらかに優しく書かれてあります。

 

「手をつなぎたい人と手をつなぎ

一緒にいたい人と一緒にいる。

大切な人に、大切だってことを伝える。

 

子どもは自分の足で歩きだし

わたしもいつか源へ還っていく。

そのいつかは必ず来る。

だから今それができる時に

手をつなぎ、一緒の時を過ごし

愛していることを伝えよう。

 

なんてすばらしい人生。」

 

そんな文からはじまるこの本。

 

でも、いつもおだやかばかりでないときもあるもの。

 

「大人だって間違える。そんな時は、謝ればいいんです。

子どもはとっても素直で、やさしいです。

きちんと話せば許してくれます。」

 

その他、「子どもと一緒に今を楽しみ

ラクに、すこやかに暮らすカギ」

「毎日のごはんのはなし」

「小さいけれど、私が気を付けていること」

 

など、「お母さん」というものをどう生きるか

心穏やかに過ごせるか

いろんなヒントのつまった本です。

 

ご興味のある方は、ぜひご一読してみてくださいね☆