【ライブラリー紹介】「百万母力~お母さん業界新聞コラム集~」

こんにちは!オヤモコモ・ライブラリーの古賀智子です(^^)/

ライブラリーのコラムはこれまで不定期にアップしていましたが、6月から5日,15日,25日といように「5」のつく日にアップする予定です。

6月からもどうぞよろしくお願いします。

今回紹介する本は

「百万母力 ~お母さん業界新聞コラム集~」

「お母さん業界新聞」は、ご存知の方も多いかと思います。

お母さん業界新聞は、全国の多くのお母さんが記者になって毎月発行されているフリーペーパーの新聞です。

オヤモコモの会員さんの中でもお母さん業界新聞の記者さんが数名いらっしゃいます。

(※オヤモコモにも置いてありますので、ぜひ手に取ってください!)

 

この「百万母力」の著者は、そのお母さん業界新聞の編集長であり、三児のお母さんでもあります。

この本は子育てハウツー本ではなく、ただ成果もすぐには見えなく休みもなく評価されることもない「育児」というものどれだけすごいことなのかを伝え、育児中のお母さんを応援する本です。

笑える話あり、ほっこりじーんとする話あり、その中に込められているのは「育児はすばらしい」ということ。

 

この「育児はすばらしい」という意味は、いつもニコニコ微笑ましいママ&子供の生活という姿だけではなくて、洋服におしっこやうんちを垂らされようが、夜中も起こされようが、どこでもわんわん泣かれようが、部屋に散らばっているおもちゃにつまづこうが、育児に奮闘するお母さんの姿。

 

「夏休みの中、子供を連れたお母さんを街でよく見る。

化粧はしていなくとも、子供に頼られている女性の姿は

最高の「美」である。」

 

これは、本書の中のほんの一部の内容です。

この本を読むと、そっかお母さんってこういうことだったなぁと客観的に見ることができ、余裕がなくてついついガミガミしてしまう心にも、余裕を与えてくれます。

 

育児で悩んだり、苦しかったりする時に、励ましの言葉をかけてくれるような一冊。

 

「八面六臂(はちめんろっぴ)」とは「多才で、一人で何人分もの活躍をする例え」

家族の衣食住はもちろん、健康管理や教育など、すべてを支えているお母さんはまさに八面六臂の活躍。

だけれども、母親としてだけでなく、ひとりの女性、ひとりの人間として輝くことができたら・・・という著者の思いが込もった、育児の喜怒哀楽や思いをつづった本です。

子育ては大変は当たり前。でもその大変さと同様、いやその何万倍も喜びや感動がある。

子供はいつか離れていく。けれども子供はいつだって母親の生き方を感じている。

「お母さん」に終わりはない。だからお母さんはスゴイし、子育ては素晴らしい。

 

育児でちょっと疲れたナ・・・と思ったあなた、この本で少し励ましをもらうのはいかがですか?